大雨の日の自転車通勤で困ること!快適・安全に職場に着くには?

      2016/11/21

%e5%82%98

 

スポンサーリンク

自転車通勤をしている人は、雨が降ると通勤がおっくうになりませんか?

職場まで電車を使う人でも、駅までは自転車という人も

いらっしゃるかと思います。

自転車を乗っている間に、服や靴がびしょびしょになって困ります。

どうすれば少しでも快適に、そして安全に通勤できるでしょうか?

 

大雨の日に自転車に乗る

仕事だから乗る

誰も大雨の日に自転車に乗って、外を走りたい人はいませんよね。

私は職場まで、自転車で通勤していますが

大雨の日に外に出る時、なんともおっくうな気分になります。

でも、仕事だから仕方がない!!

歩いて行くと、時間がないので自転車に乗っていくしかない状態です。

 

傘をさして自転車に乗ってよいか?

今は道路交通法も厳しくなり、自転車の傘さし運転は

厳重な注意を受けるようになっています。

傘だけに限らず、自転車の事故についても厳しくなっており

自転車保険に入ることも薦められています。

毎日の通勤の事ですから、危険も増えます。

相手が車だけでなく、歩行者の場合もあり傘さし運転は安全の為には

やめましょうね。

 

レインウエアやポンチョ

レインウエアの場合

大雨の日には、レインウエアのセパレートタイプがおすすめです。

%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%a2出典:https://www.monotaro.com/

大雨だと、セパレートタイプを着ないと、足元はかなり濡れてしまいます。

雨だけでなく、風が強い時でもこのタイプだと

服が濡れることもなく、安全に自転車に乗ることができます。

ただ、このタイプは服装もパンツにしないと、履くことができないです。

それと脱ぎ着に時間は少しかかります。

 

しかし大雨の時の安全性を考えると、少しの時間はかかっても

歩いて通勤するよりは時間短縮ですよね♪

セパレートを購入されるときは、1サイズ大き目を購入される方がよいと思います。

寒い時期だと厚着になるので、その上から着用できるサイズですね。

ポンチョの場合

スポンサーリンク

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a7

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ポンチョだと、脱ぎ着もラクでスカート着用もできます。

パンツ形式ではないので、大雨の時だと足元はかなり

濡れますし、風でヒラヒラと舞い上がる時もあります。

どちらにしても、傘をささなくて自転車に乗るためには

必須のアイテムですね。

荷物が増えていく

レインシューズを履く場合

足元はレインシューズを履くのがベストです。

ただ、レインウエアも来て、レインシューズも履いて

フル装備で自転車に乗ると、雨対策にはなりますが職場でレインシューズのままで

仕事が出来ない場合や、荷物になって困る面も出てきます。

 

荷物を最小限に収めるには

完全に安全性と、快適性を求めるとなると、どうしても荷物が増えてしまいます。

職場によりロッカーがあったり、着替える場所がある場合は

かさばらないレインコートなどで、真冬は無理ですが着替えを持つ方が

小荷物で収まる場合もあります。

前もって、着替えをロッカーに入れて置くのも一つの方法です。

バッグは、斜め掛けにできるような軽めがおすすめです。

それだけでも手が空きます。

大き目のビニール袋を数枚持っておくと、前かごの中に荷物を入れて走る時にも

濡れた衣類などを入れるのにも便利です。

 

台風のような大雨の時は

台風の時の自転車は大変危険です。

もしも時間がかかっても歩ける距離であれば

歩く方が安全性は高いです。

歩けないほどの距離であれば、バスなど公共交通機関を利用したほうが

よいかと思います。

本当に台風直撃となれば、電車、バスも止まりますので

仕事にも行けない人も多数出てくるので

自転車で通わなくてもよい状態になるかもしれませんね。

大雨の日の自転車は、本当に気をつけましょう。

 

スポンサーリンク


 - 生活