2019の10連休は迷惑で憂鬱?母子家庭や子供への影響は?

   

スポンサーリンク

 

2019年に天皇即位・元号変更になることで

ゴールデンウィークが1年限りですが10連休が決定!

嬉しい人もいるでしょうし、考えるだけで憂鬱・・・

10連休なんて迷惑だという声も沢山上がっています。

 

保育園学校仕事。色々な面でどうしようかと悩む人も多いはず。

母子家庭や子供への影響は?

スポンサーリンク

 

2019年ゴールデンウィークの10連休が決定!

 

10連休で影響を受ける人は

現在の皇太子が即位するに伴って

10連休になるかどうかが話題になっていましたが

2019年のゴールデンウィークが10連休が決定になりました。

 

もともと大型連休を取っている人には

さほど影響がないのかもしれないですが

普段あまり連休がない人や

職種や子供が小さい、母子家庭、非正規雇用の人たちにとっては

今から憂鬱、迷惑なこともありますね。

 

 

10連休はいつ?

実際の10連休はどんな感じになるの?

こちらをご覧ください。

テレビやニュースでも取り上げられていますが

こんなに長い10連休になります!

出典:https://blog.40ch.net/2018/12/04/

皇太子さまが天皇に即位される来年5月1日などを1年限りの祝日とする法律が、

参議院本会議で共産党を除く各党などの賛成多数で可決・成立しました。

これを受けて、来年は4月27日から5月6日まで10連休となります。

この法律は、天皇陛下が来年4月30日に退位されるのに伴い

皇太子さまが天皇に即位される翌5月1日と、即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日を、1年限りの祝日とするものです。

祝日法の規定で、祝日に挟まれた4月30日と5月2日が休日となるため、来年は土曜日である4月27日からこどもの日の振替休日の5月6日まで10連休となります。

引用:NHKニュース

 

 

10連休なんて迷惑が本音?憂鬱な理由は

スポンサーリンク

 

新天皇の即位なので、国の行事!?で

おめでたいことであり、現皇太子さまの晴れの日なんですよね。

分かってます。。。

でもでも!!10連休って正直キツイ。。。

 

 

仕事が休めないサービス業

 

10連休になると、仕事について両極端に困る内容がわかれてきますね。

仕事が休めなくて忙しくなりすぎるのは

サービス業

の人たちです。

 

連休だから旅行にお出かけ、遊びに行こう♪

そんな人が増えるということは

それらに関わる仕事のサービス業の人は

目まぐるしい忙しさに追われるわけです。

 

2019年以外でも、GWに10連休の企業もありますが

(遊びまくって羨ましいな~~)

企業でも10連休をとれる所は、そんなに多くではありません。

 

なのに!!!

2019に限っては毎年よりは10連休になる仕事も

増えることでしょう。

サービス業の人たちは地獄です((+_+))

 

 

休みが嬉しくない非正規雇用

 

休みだ休みだ♪いえ~~い♪

10連休だから海外旅行へ行くぞーー!!

出国ラッシュの映像が流れるのを見ますよね。

 

非正規雇用の人たちは

休みが多ければ多いほど収入にまともに響いてきます。

減るんです!!!

日ごろの頑張りを癒すために、非正規雇用の人もラッシュに交じって

遊ぶ人ももちろんいますよ。

 

実際10日間の連休になると

単純計算して毎月の収入が3分の1に減るんですよね。

 

そんな休みなんていらねーー!!!

 

これが本音というところでしょう。

10連休があれば、豪勢に遊ばなくても

仕事をしているよりは何かと出費も増える。

収入はなくなるのに出費は増える。最悪。。。なんです。

 

 

母子家庭や子供への影響は?

 

保育園や子供はどうするの?

母子家庭では日ごろから仕事をするときには

子供の預け先に困ることが多いのです。

 

保育園に通えている子供であっても

休日は休みなので、子供が小さい頃はあえて日祝を休みの

仕事を選んだりもします。

その理由で仕事探しがうまくいかなかったりもします。

 

本当に母子家庭・シングルマザーの仕事探しは大変です。

そして休日が仕事の休みと合わなければとても困ります。

 

小学生になると学童保育もありますが

保育園より時間が短かったりもしますし

祝日は学童保育もお休みの所が多いです。

 

もしも祖父母が近くにいる、同居していれば

祝日でもサポートを受けることもできる場合もありますが

それが出来るご家庭ばかりじゃないですよね。

 

2019年のGWまでに色々と問題点が出てくるでしょうし

保育園や学童保育、その他のところでも

それに見合った対応を検討されるところも出てくるかもしれません。

どういう状況になっていくかを

しっかりチェックしていきたいです!

 

 

子供は保育園や学校に慣れてきたころ

 

保育園や学校は、暦通りの通園・通学ですが

2019年のカレンダーでは完全休日になります。

 

gw頃は4月に新年度をむかえて

子供も少しづつやっと慣れてきたかな?という時期に

いきなり10日間の休み(*_*;

 

保育園なら日ごろでも週明けに、泣いている子どもをよく見かけます。

お家で過ごすことから親と離れる寂しさ。

それが10日連続で休むとなると、どうなることか?

 

小学生も入学して1年生は

4月はびっくりするくらい早くに帰宅します。

慣らし保育ならぬ、慣らし学校みたいなものでしょうか。

 

ようやく本調子で通学が始まると思ったころに

10連休だと!?

 

1年生に限らず子供はダラーとなってしまう

可能性も大ですよね。

生活ペースを戻すのも大変です。

 

これは母子家庭に限ることではなく

全体の子供に共通のことですが。。。

 

さいごに

 

ハッキリ言って憂鬱な10連休ですが、決まったものは仕方がない。

2019年の10連休に向けてどのように対応していくかを

少しづつ考えて動いていけることはしていきたいです。

過ごし方やその他色々なことも

これから追記していきますね。

 

連休があるとお金がやばい!母子家庭が乗りきる方法は?

「小1の壁」を乗り越える対策は?仕事の事前準備も必要?

 

スポンサーリンク




 - 生活, 話題