シングルマザーは学校のPTA役員を免除?仕事で断る方法や条件は?

      2017/01/23

%e5%ad%a6%e6%a0%a1

スポンサーリンク

シングルマザーで仕事もあるし、学校のPTA役員を頼まられたらどうしよう!

それを理由に免除してもらおうかしら?でも、その理由を言って

免除してもらえる?

仕事が忙しいから、出席出来ないと言って断ろうか?

実際に困っている人も多いと思います。 それらを考えていきます。

 

PTA役員選出について

毎年PTA役員を決める時期になったらドキドキしませんか?

私はドキドキします。(ワクワクではありません)

 

決める方法は、学校により色々な方法があるようです。

・クラス内でくじ引きで決める

・学年最初の懇談会の時に、来ているメンバーの中から決める

・1回も引き受けていない人の中から抽選

・現在役員の人からの依頼の電話  など

 

免除される条件も

役員を免除される条件も、これも色々あるようです。

・全く免除されることがなく、全員対象

・3歳以下の子供がいる

・妊娠中で、1学期以内に出産予定

・3年以内に役員をした

・母子家庭

 

断ることは可能?

上記の中で、母子家庭免除という学校もあるようですが

実際には珍しい例かと思います。

 

引き受けられない理由があったとしても、

無理やり役員に当たってしまって困っているという声をよく聞きます。

くじで当たったら、もう逃げられないという学校もあるようです。

 

シングルマザーと仕事

仕事をしているから

これはまず通用しないと思っておきましょう。

今は専業主婦率も少なくなり、仕事をしている母親も多くなっています。

「仕事をしている」を理由に免除をしていれば、多くの人を免除しないと

いけない状態なのかもしれません。

 

地域によって、専業主婦率が高いところであれば

仕事をしていることが免除されるかもしれませんが

中には「お金稼ぐために仕事してるのに、なぜ私達がそのため引き受けないとけないの?」

と、お仕事をしていない人からの批判の声も出るようです。

 

シングルマザーだから

これも理由になるかは五分五分だと私は感じます。

これまた、シングルマザー率も高くなってきている現状です。

実際にシングルマザーで、クラス役員ではなく、本部役員を受けている人もいるのです。

PTA会長まではいかなくとも、副会長や、書記をシングルマザーが

されている場合もあります。

 

本部役員をシングルマザーがしている年は、

まずシングルマザーが免除されない可能性が高いです。

「私が出来ているのだから、あたなも出来るでしょう?」

こられるパターンです。

 

確実に出来ない場合もあるのに

スポンサーリンク

シングルマザーであっても、仕事の形態や、自由業、

元気な親がほとんど子供の事を見てくれるという

好条件な人もいるのです。

一言でシングルマザーでくくってしまうとと大きな差があります。

 

PTAの集まりは、平日の夜の場合もあるようです。(仕事をしている人が来やすいため)

もちろん、平日の昼に集まりもあります。

これらの時間帯に、休めない仕事の人もいます。

誰にも頼ることが出来ない、シングルマザーだと夜に子供を

留守番させて役員の集まりに出ないといけません。

物理的に、本当に無理なシングルマザーがいるのです。

 

「出席できる時だけで良いから」

これは、役員を選出に困る時の決まり文句のようです。

しかし、年間通じて1回しか参加できなかったら

文句を言われないのでしょうか?

 

我が子が通う学校の場合

年度が変わる前に、アンケート用紙が配られます。

まずは、出来る人は立候補してくださいから始まります。

順々にアンケートを進めていき、免除されるのは

・3歳以下の子供がいる

・過去2年以内に役員をした人  のみです。

 

それ以外の人の中から、くじ引きを本部役員がしているようです。

それまでに、依頼の電話がかかってきます。

シングルマザー免除はありません。

ただ、どうしても出来ない理由がある場合は、理由を記載してください

という欄はあります。どこまでのラインを見られるのかは分かりませんが。

 

個人的な意見ですが

3歳以下の子供がいる場合が免除されるのであれば

なぜ、要支援、もしくは要介護の家族がいる場合が免除に入っていないのか?

ということです。

 

どうしても若い人だけの世帯目線で、条件を決めているのでは?と思ってしまいます。

もちろん、3歳以下の子供がいることも、とても大変な事です。

しかし、それと同様に、

親の状態によっては、それ以上に大変な場合もあるのです。

親同居しているから、ラクしているんじゃない?と思われがちですが。

 

受けれないどうしてもの理由があれば

学校の先生はノータッチの場合が多いようです。

PTA会長や、本部役員に、その旨を選出前に伝えることだと思います。

相手がよほどの意地悪でない限り、その理由が理解されると

そこを無理には押してこないとは思います。

 

本部役員がそれでも話が通らない面々の時は

学校の先生、校長に話をするしかないかもしれません。

役員をして悪いことばかりではない

もしも、全面的に参加できない状態でも、可能な状態であれば

役員をして良い面もあるかと思います。

保護者同士の繋がりもできますし、学校の様子も分かりやすくなります。

 

保育園の時に受けました

私は、保育園の最終学年の時に、役員を受けました。

ただ、保育園は働いている親が基本ですので

無理な集まりなどはありませんでした。

ほとんどが先生がしてくださり、そのサポート的な参加でした。

 

集まりの時間も、30分ほどで、決めることもサクッと済ませる感じでした。

最初はイヤだなと思っていましたが、

なかなか会わない保護者と会って話することも出来ましたし、良かった面もあります。

これは保育園なので、学校となるとまた別物ですが。

 

今後も、出来る限り当たりませんように・・・と願いつつ

その時が、我が家が出来る状態であれば

引き受けようとは思います。ただ立候補まではいたしません。

悪しからず・・・

 

関連記事:コチラもよく読まれています^^

小学校の登校班の付き添い当番はシングルマザーはどうする?

小1の壁を母子家庭が乗り越える対策は?

 

スポンサーリンク


 - シングルマザー