三世代の旅行のおすすめは?計画を立てるポイントや注意点は?

      2018/07/31

スポンサーリンク

 

年末年始連休春休み夏休みを使って三世代で旅行したい

そんなご家族も多いことでしょう。

親子だけではなく、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に旅を楽しむには

しっかり計画しておくことが必要です。

おすすめの場所や、ホテル部屋、高齢者と一緒の場合の注意点などをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

3世代旅行でおすすめプランは?

3sedai

出典:http://ure.pia.co.jp/

場所は近場がいいの?

祖父母の年齢や、体力、身体的な動きの具合によって変わってきますが

近場だけがおすすめ!というわけではありません。

近い、遠いでだけで選ぶことはないです。

 

近場だからと言って、電車移動で乗り換えが多く、荷物を持って歩くということでは

おじいちゃん、おばあちゃんにとって負担が大きいです。

 

遠いところであっても、目的地につくまでの移動方法

旅先での目的を明確に立てることの方が大切です。

 

 

移動はラクにできること

若い世帯にとっては、これくらいのこと・・・と思っていても

少しの移動も負担になることがあります。

 

親と同居していると、日々どれくらいの動きができるのかを身近に見ているので計画しやすいですが

普段離れている親の場合は、想像している感覚よりも

一回りラクな方法を考えておく方が無難です。

 

  • 車で目的地まで行ける場所を選ぶ。
  • 飛行機で遠方に行くときには、旅先ではレンタカーを借りる。
  • 運転をできない人ばかりの時は、タクシーを使うことも視野に入れる。
  • 電車で目的地まで行く時は、お迎え制度があるか?

それらを注意した上で、場所を決めるといいですね。

 

 

国内・海外問わず滞在型がおすすめ

 

せっかくの旅行だからあっちも、こっちも!!

観光名所をどんどん回ろう!!

となってしまうと高齢者はとっても疲れます。

 

一つの場所でとどまれる状態の、滞在型を取ることもおすすめします。

どこかのリゾート地であったり、温泉旅館でも一つにとどまれる状態がいいです。

 

例えばですが

海外旅行で添乗員付きツアーで欲張ってしまって、何か国も回りたい!となるとすると

毎日違うホテルになり、遅くにホテル到着、早朝に出発。

荷物を開けたと思ったら、即明日の準備。。。なんてこともあります。

 

こういう状況は、海外、国内問わず祖父母と一緒の場合は避けた方が疲れません。

小さな子供連れであっても同じですね。

 

祖父母と一緒の旅行の注意点は

 

スポンサーリンク

 

3世代が楽しめる事を考えて

世代の差で楽しめることは変わってきます。

子供が喜ぶからといって、子供向けの場所ばかり。

おじいちゃん、おばあちゃんに合わせすぎてホテル内だけで1日過ごす。

それでは、みんなが楽しめないです。

 

それぞれのご家族の趣味や、行動力に合わせて

3世代が楽しめるプランを立てていきましょう!

 

 

ずっと一緒に行動しなくてもいい

 

旅行中は基本24時間一緒に過ごすことになります。

いくら可愛い孫といえども、小さな子供とずっと一緒というのは、祖父母は疲労します。

 

せっかく3世代の旅行だからと

ずっと一緒に行動しないといけないわけではありません。

祖父母はホテルでゆっくり過ごしている間に、子供と買い物や観光に出ることもアリです。

逆に子供はプール遊びや、〇〇体験などをして遊んでいる時に

祖父母は観光へ出る、など別行動も入れるくらいの方がお互いに心地がいいかもしれません。

 

 

ホテル選びや部屋のポイントは

カフー お風呂

出典:https://www.kafuu-okinawa.jp/

ベッドやお風呂もチェック

ベッド・お風呂は重要なところです。

若くて元気な世代には分かりづらいところですが、高齢になり体が動きにくくなると

ベッドの方が寝起きがラクなことがあります。

和室でお布団になると、高齢では辛い時があります。

 

お風呂も出来れば、浴槽と洗い場が別の方が使い勝手が良いです。

手すりがついていると尚よいです。

 

ホテルでユニットバスタイプになると、入りにくいことも多々あります。

もしくは、ホテルであっても大浴場がついているところもおすすめです。

一緒に行くことができるのでサポートもできます。

元気な親の場合だと、子供のお風呂のお世話もしてもらえることもありますね^^

 

 

コネクティングルームを利用

コネクティングルーム

出典:https://travel.rakuten.co.jp

ホテルの場合ですと、隣同士の部屋が中で行き来できる

コネクティングルームもいいですね。

とにかく別部屋にする方がいいです。

 

生活ペースが違うことが多いので、祖父母は早く寝たいのに。。。

子供たちは遅くまで起きていて眠れない。。。。ストレスの原因になります。

赤ちゃん連れであれば、夜泣きのこともあります。

間取りはこんな感じです!

コネクティングルーム間取り

 

2部屋予約をして、隣同士の部屋を予約することもできますが

コネクティングルームのような、行き来できる方が便利です!

 

スイートルームも3世代だと安い?

スイートルーム!???そんな贅沢な!!!

そんなところばかりではありません。

 

二部屋予約をすることを考えると、広い1部屋で皆で過ごすことも

さほど料金的に変わらないこともあります。

 

3世代だからこそ!広いスイートルームに泊まれることもあります。

2ベッドルームの所もありますし、リビングがついていて広々しています。

 

カフーリゾートフチャク・コンド ホテル(沖縄)

カフー

 

出典:https://www.kafuu-okinawa.jp/

スイートルームの一例として人気の沖縄で3世代におすすめで

スイートルームが充実しているところをご紹介します。

 

カフーリゾートフチャク・コンドホテル

 

こちらの間取りを見ていただけると分かるかと思いますが

とてもゆったりしていて、ベッドルームも別にあります。

リビングもやキッチンもあり、3世代でゆったりと過ごすことができます。

スイート間取り

 

2部屋予約するのと、同じくらいの値段で泊まることができますので

こういったところを利用するのも良いですね!

ここのホテルに限らず、スイートは高いものだと決めつけてしまわず

色々とありますので、計画するときに一つの方法として考えていただければいいと思います。

こちらのホテルの宿泊予約はこちら♪

 

 

さいごに

 

3世代での旅行は、ゆっくり行動することを心がけましょう。

お互いのペースを守りながら、無理のないプランを立てていくことで

楽しく過ごすことができるでしょう。

あちらこちらと忙しく回る計画を立ててしまわず、3世代旅行の良い思い出を作ろう!くらいの

気持ちで計画していくようにしましょう^^

 

母子家庭だって旅行したい!おすすめの場所や方法は?

年老いた親への最大の親孝行とは?元気がない親が生きがいを持つ方法

 

スポンサーリンク




 - お出かけ・遊び, 家族のこと 親のこと