台風の野次馬で老人が川に見にいくのは危険?同居の両親を安全に避難させる方法は?

      2018/09/04

スポンサーリンク

 

台風がやってくる時期。

事前の対策が色々と必要だと、ニュースなどでも流れます。

危険だと分かっていながら、川を見に行く老人がいます。

気になるのは分かりますが、それを食い止めなければ危険です。

実際、高齢者注意点と、親と同居している場合など。。。

安全に避難させるにはどうすればよいでしょうか?

スポンサーリンク

 

 台風が近づいてくる時の注意点

2川

 

日本には毎年のように、あまり歓迎したくないお客様

災害をもたらす 台風」 がやってきます。

出来ることなら、どこかへ行って消えてもらいたいですが

自然が相手なので、どうしようもないですね。

 

その自然現象である、台風に対してどういう意識を持っているか?

安全に避難するには、どうすればよいか?

皆が無事、何事もなく安全に台風が通過していくことを

願って書いていきます。

 

田んぼや川を台風の時に見に行く危険

野次馬と書くと聞こえが良くありませんが。

しかも、老人や高齢者が・・・と決めつけてしまうのも

良くないことだと分かっていますが、そこは大目にみてやってください。

 

台風情報をしっかりとテレビや、ネットなどで入れて

対策をされるのは良い事です。

しかし台風が来た時のニュースを見ると

近くの川を見に行って、流された!

田んぼが気になり、用水路に・・・

 

毎回と言っていいほど、これらのニュースが報道されて

危険な所に近づかないようにと散々注意されているにも関わらず

なぜ行くのだろう???

 

自分の所有する田んぼが気がかりなのも分かります。

近くの川が氾濫したらどうしよう!!!

でも!!命が大切ですよね!

 

気になる気持ちが先に来てしまう

川が増水していて決壊したら危ないから見に行こう!

大切な田んぼが、ひどい状態になっていないだろうか?

 

ュースで報道される高齢者の方たちは

自分に限って危険な目には合わないよ!

と甘く見ているのではないでしょうか。

 

そうして野次馬のようになりふり構わず様子を

見に行くことは絶対に危険です。

 

同居の両親に気をつける

スポンサーリンク

 

自分の親に限って!の意識を捨てる

どれだけ野次馬の心を持っているか、大小はありますが

少なからずそういう心を老若男女問わず誰しもが持っていると思います。

自分の親に限って大丈夫!

こういう想いは捨てましょう。

 

歳をとれば取るほど、思い込みが激しくなる面があります。

私は親と同居をしていてよく分かります。

昔はこんな性格ではなかったのにと・・・(+_+)

 

子供であるアナタも

自分の親はしっかりしているものだと思ってしまいます。

昔は親もしっかりしていたのです!!!

しかし年月は流れています。

 

その思い込みが、どんな場合で出るか分からないと

まずはしっかりと自分自身に言い聞かせましょう。

 

年老いた親への最大の親孝行とは?元気がない親が生きがいを持つ方法

 

安全に同居の両親を非難させるには

 

自分で歩くことが出来る両親の場合

上記で書いたように、勝手に気になるところに

様子を見に行っていないか、その辺りのチェックを怠らないようにしなければなりません。

 

なにせ身体が動く親は歩くことができますから。

うっかりすると屋根の様子を見るために

屋根に登っているかもしれません!!!

 

目を見張らせて、必ず一緒に行動すること!

安全の為には、親に対してでもキツイ言葉で

叱らないといけない事があるかもしれません。

 

なにより安全のため、命がかかっていますから!

そして一緒に避難するようにしましょう。

 

 

体が不自由な親の場合

体が不自由な、親の場合は自分一人で、おぶっていく。実際難しいですよね。

荷物もあるだろうし、台風の状況の中よほど、体力のある男性で片手でひょい!なら別ですが。

 

そんな場合は、台風が来てから慌てないように

早めの避難をしておくことをオススメします。

前もっての準備であれば

親だけでなくアナタにも心の余裕がありますから。

 

ご近所などの地域の人との関わりを大切に

やはり最終はご近所、地域の方との繋がりがとても大切になります。

 

近年お隣の人の顔も知らない、どんな人が住んでいるかも知らない

恐ろしい事態になっていると感じることもあります。

 

ご近所、地域の人たちのコミュニティがしっかりとしていたら

台風到来した時も、周りの状況も把握することができ

野次馬的に察知して危険を止める。

そして助け合うことが出来ます。

 

〇〇さん家の、おじいちゃん、川の方行ってたよ。。。

なんて情報を入れてくれる時もあります。

 

高齢の両親がいる場合は特に、ご近所づきあいは

普段干渉があったり、面倒な事があるなと思われる世代の方も

多いかもしれないですが、とても大切なことですからね^^

 

良い意味での野次馬心を持ち、危険は避けて

少しでも被害なく、台風が通りすぎていくことを願っています。

 

耳が遠い祖父母にイライラする?同居する子供への影響は?

スポンサーリンク




 - 生活