元旦那とは?悪口は子供の成長過程に影響!憎しみが取れない人へ

      2016/12/04

%e5%ad%90%e4%be%9b%e4%b8%80%e4%ba%ba

スポンサーリンク

離婚して元旦那に対して、憎しみの気持ちが取れない人。

なぜ、私がこんなに大変な想いをして生活していかないといけないの?

と、疲れてくると元旦那への憎しみが大きくなってくることもあるでしょう。

しかし、その気持ちを子供に言ってしまっていいでしょうか?

成長過程影響が出てくることも考えていきましょう。

 

コチラも合わせてお読みいただければ^^

子供が元旦那の事を聞いてきたらどうする?

子供にとって元旦那とは

血のつながった父親です。

分かりきった事なのですが。

子供が父親の記憶のない年齢で離婚していても

記憶があり、父親の事を分かっていたとしても

父親ということに違いはないのです。

 

子供がある程度の年齢になり、別れてしまった場合

子供は完全に父親の認識はあるでしょう。

顔も記憶にない乳児の頃なら、自分の父親とは

 

どんな人なのだろうという気持ちが年齢とともに芽生えてきます。

 

父親が暴力を振るい、脅えてしまった子供は別ですが

子供にとって親という大きな存在のことでしょう。

 

自分にとっては元旦那

別れてしまえば、夫婦は赤の他人です。

簡単に元旦那、元配偶者と「元」をつけて呼んでしまえるものです。

 

離婚当初は憎しみばかり

そんな人が大半ではないでしょうか?

そこまで泥沼化していないにしても

離婚するということは、お互い不満があり、

何か許せなかったり、譲れないことがあるのです。

 

いくら子供の事を考えたとしても、

離婚の道を選んでいるのです。

 

大好きで大好きで、あなたの為に身をひきます。

私の知る限りでは、そういう方はいないです。

もし、そういう方がいらっしゃったとしても

この記事を読みには来られないでしょう。

 

憎しみが悪口になってしまう

離婚当初の憎しみは、時間が少しづつ和らげてくれるとしても

何かの拍子に思い出すものです。

ついつい悪口を言ってしまいたくなりますね。

それにより、自分の精神的維持をしている場合もありますから。

 

それを言わないでおこう、憎しみは忘れさろうと

頑張りすぎると、精神的に辛くなりますので

大人同士で会話できる状況の人は、すれば良いと思います。

しかし

子供の前だけでは、言わないようにしましょう。

子供の成長過程で

スポンサーリンク

元旦那=父親 の悪口を子供に日常的に言ってしまうと

子供は、自分も否定されたかのように感じてしまいます。

 

母親が、自分の父親の悪口ばかりを言っていると

自分の事も本当は嫌いなのではないか?

と思ってしまいます。

自己否定してしまう子供は、どう僕なんて、私なんて。

ネガティブな方向へと向いていきます。

 

子供は自分の事を全面的に愛してくれる人が

一人でもいれば、健全に育つと言われています。

 

確実にその一人である、母親である自分が

元旦那の悪口を言うのは、子供を否定するのと同じ事です。

 

そういう例を沢山見てきた方に言われました

離婚当初に、離婚してシングルマザーで

子育てしてきた人を沢山見てきたある人に言われたことです。

 

健全で、立派な心を持った大人に育てあげるまでは

絶対に子供に、元旦那の悪口を言わないこと!!!

これだけは絶対に守りなさいと。

 

約10年間、守り続けています。

時間とともに、感情は薄らいでいき、時々思い出す時はありますが

今現在、明るい娘と、たわいもない事で笑って過ごす時

元旦那への憎しみなど、どこかへ消えて忘れています。

 

憎しみの感情にあふれている状態のあなたへ

その憎しみの感情を、簡単になくしてしまえるなら

それほど良い事はありませよね。

それが出来ないから苦しんでいるのです。

 

今、渦中で苦しんでおられる方も、

いつか時間が解決してくれる時が来ますよ。

 

スポンサーリンク


 - シングルマザー