幼児期から貯金する!「みんな持っている」に流されては全て流される

      2017/01/30

%e8%b2%af%e9%87%91%e7%ae%b1

スポンサーリンク

貯金をしていこうと思うと、コツコツとしないと

急に思い立って、さあ!貯金だと意気込んでも、すぐに貯まるものではないですよね。

 

子供の「みんな持ってる」に流されて、ついつい買ってしまうと

どうなるでしょうか?

貯金をしたい人はぜひ読んでみてくださいね。

 

幼児期からコツコツ貯金する

貯金をするには、子供が小さい頃からコツコツしないと

貯まってはいきません。

子供が小学生の期間が、一番貯金できる時期と聞きますが

乳幼児期から、コツコツと貯金していくつもりでいないと

小学生になったからと、

急に貯金できる生活パターンにはならないでしょう。

 

何を目標に貯金するのか

ただ、なんとなく貯金する!では貯まりません。

貯金をすることが趣味の人ならば、楽しくて仕方がないでしょうけど

私は目的を決めないと無理です(汗)

 

子供の為だとしたら、高校・大学に進学させたいときの

進学費用ですね。本人が希望したときに、

親の都合で行かせてやれないことだけは

避けたいと思います。

 

自分の老後の資金、となると子育て中では、

まだまだ遠い話に感じますが

同居する親の姿を見ている場合、老後資金が大切なのも感じます。

 

中学生くらいから一気に出費が増大します

子供の学費、被服費、友達付き合いの中での費用

塾代、スマホ代・・・・

 

考えだすと、ゾッとします(-_-)

 

みんな持っているから

を子供はよく口にします。

ここで「みんなって誰?」「何人?」と聞くとタブーだとも

言われますが、子供ながらに

「みんなが持ってる」と言えば買ってもらえるとも思うでしょう。

 

小さい子供は、言葉の表現が少ないので「みんな」という言葉を

使うかもしれませんが、何かしらの理由があり

ある物を買ってほしいのです。

 

その本当の理由をしっかりと知った上で

スポンサーリンク

親としては、ついつい「みんなが持っているなら」

仲間はずれになったら困るし、

子供に不憫な想いをさせたくないと考えますが

その言葉に全て流さていては、お金がいくらあっても足りません。

 

子供の意図をしっかりと理解したうえで

これは、どうしても与えないと、人間関係で支障が出てくる

などの大きな理由であれば、対応しないといけません。

 

これは持たせてもよいだろうと、親が判断して与えたり、

周りが持っていなくても自ら与える場合もあります。

 

皆に合わせるのも大切だけど、自分の意志も大切

みんなが持っているだろうけど、お母さんは

これがとても良いと思って選んだんだよ。

皆と一緒でなくても、あなたの持ち物も素敵だよ♪と

自分の価値観で考えるように、話をしていきます。

 

時には、自分だけ違う物であって、周りのお友達が

影響を受けて、それいいな~♪と言われることもあります。

 

嫌でも、成長していく中で、他の子と同じ事を出来ない

経験をせざるを得ないこともありますので

そこで、自分は自分だと流されない子供の気持ちを

強くすることも大切です。

 

流されすぎないこと

大人も子供も「隣のの芝生は…」という感覚を持ちがちです。

他の家庭の良いところばかり見過ぎて

合わせようとする。

実際は、周りの良い所だけが目に入ってる事もあるのですが。

 

他の子供が持っているものを、持たせようとする、

その理由だけに流されていると

貯金するどころか、マイナスになってしまいます。

 

肝心な時に、辛い想いをするのは自分たちです。

 

シングルマザーの場合特に

世間体の記事でもお話ししましたが

周りにがどうだから、など気にしていては

生活していけません。

 

周りに流されず、コツコツと貯金出来るときにしていかないと、

もっと成長して

子供が「皆行ってる大学にお金がないからいけない」

という大きなところで、挫折することだけは

避けたいものですね。

 

コチラもよく読まれています^^

母子家庭は子供にゲームを持たせる?持たせない?仲間はずれが心配?

母子家庭の貯金額の平均や貯め方は?実家暮らしで貯まる?

 

スポンサーリンク


 - お金