シングルマザーの仕事でおすすめは?働きやすい職種や収入アップは?

   

スポンサーリンク

シングルマザーが仕事をすること、就職転職をすることはとても大変です。

なかなか仕事が決まらない、見つからない状況では先々の不安につぶれそうになります。

シングルマザーの仕事や職種・職場が見つかるといいです。そして収入アップを目指していくなら

どんなどころがいいでしょうか。

 

シングルマザーにおすすめの仕事は?

事務職

事務職(一般事務・医療事務・営業事務)

事務職はシングルマザーにとって、おすすめの仕事でもあり

シングルマザーが希望する職種でもあります。

土日祝・年末年始・お盆がお休みの所が多く、時間的にも夜中になることも少ないです。

 

その条件がそろっているだけに、シングルマザー以外の子持ちママたちにも

人気の職種になりますので競争率は高いとも言えます。

事務職でも、一般事務・医療事務・営業事務・経理事務などにより仕事内容は大きく変わってきます。

未経験でも就職しやすいのは、一般事務でしょう。

 

一般事務とは??

 

求人欄に「一般事務」と記載されていても何をするの??

この区切りはそれぞれの職場により、仕事内容は変わってきますが

簡単な書類整理や、PC入力・来客対応・電話対応他、もろもろの雑務も含まれます。

雑務も含まれるため、未経験でも採用される可能性も高いと言えます。

 

医療事務・営業事務・経理事務となると専門知識も必要になってくることや

キャリアも問われることもあります。

しかし、どこまでが〇〇事務という区切りがない職場も多いのが現実だと思います。

 

お休みや勤務時間を重視される方には、おすすめの職種です!

 

看護師

看護師

収入的に女性で多く稼げるのは、看護師が一番の人気職でおすすめです!

看護師資格をお持ちの方なら、確実におすすめです!!

資格をお持ちであれば説明するまでもなくご存知の事ですね。。。

 

最低3年くらいの専門学校に通う必要がありますので、それが可能なのかも問題にはなってきます。

その間のお金はどうするか?子供を見てもらうサポートをしてもらえるところがあるか?

保育園に預けながら通う・自分の親に頼む・親と同居していると子供を見てもらえるなどの条件も考えておきましょう。

 

保育園に入りにくい現状がある中、親と同居していると助かる面も多いと思います。

保育園に入れない落選通知が!母子家庭の対策は親と同居にあり?

 

専門学校へ通うためのお金も必要になります。次でその点もご紹介します。

 

母子家庭自立支援給付金について

看護師などを目指す時に給付されるシステムがあります。

ご紹介しておきますね!

母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業について

 厚生労働省では、母子家庭の母又は父子家庭の父の経済的な自立を支援するため、自治体と協力して就業支援に取り組んでいます。
母子家庭の母は、就業経験が乏しいことなどから、生計を支えるための十分な収入を得ることが困難な状況におかれている場合が多く、また父子家庭においても所得の状況や就業の状況などから同様の困難を抱える家庭もあることから、「母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業」を各都道府県・市・福祉事務所設置町村(以下、「都道府県等」といいます。)において実施しています。詳しいことは、お住まいの自治体の窓口にご相談いただきますようお願いします。
(制度を設けていない都道府県等に居住されている場合は、支給の対象となりませんのでご注意下さい。)

出典:厚生労働省

介護職

介護職

出典:http://www.sumikominavi.com

体力的にも負担が大きいと思われますが、シングルマザーが多いともいわれる介護職。

未経験からでも入れる可能性があるのが魅力です!勤務しながら資格をとれるところも多くありますので

今まで主婦をしていて、シングルマザーになって仕事が・・・ブランクもあって・・・という方も

主婦業を活かせることも多くあります。

 

介護職と連想してしまうのが、夜勤があるのでは?泊まり勤務も?

時間や働きかたを選べる職場も多いですので、それは面接の時などにしっかりとお話できればいいですね。

子供の成長に合わせて、勤務体制を変えていけると収入アップすることも可能です!

 

働きやすい職場や職種は?

スポンサーリンク

職場の雰囲気を重視する

実際、職場の雰囲気は入ってみないと分からないというのが正直なところですよね。

しかし、職種によって女性が多いのか、男性が多いのかは分かります。

面接に行った際にも、さらっとですがその職場の雰囲気が伝わってきますので、その点も気を抜かずに

アンテナを張っておきたいものです。

 

シングルマザーの職場選びの条件とポイントは?男性が多いのはメリット?

 

時間や子供の急な事に対応できるか

子供が小さいほど、急な発熱や保育園からの呼び出しも多いです。

自分だけの都合ではなく、子供の事で仕方なく早退やお休みをいただかないといけない場合も出てきます。

そういった時に、シフト制で自分が休んでしまうとどうしようもない!

それでは職場も自分も困ることになります。

 

そういう点でも、ご紹介した事務職などで職場の規模にもよりますが

多少の融通は利いてもらえる場合も多いです。

子供が小さいうちは、小規模(一人勤務がある)サービス業でお客様対応や

営業職などは少し難しいかもしれません。

代理が利かない職種ではないこと=時間の融通が多少利く

ことになりますので、それらの職種・職場が働きやすいです。

 

収入アップを目指すことは

電卓

まずは何を重視するか

収入アップを目指すのであれば、事務職は人気ですがなかなか収入面では難しいです。

先ほどご紹介させてもらいましたように、お休みなどが充実している分

収入は少ないですし、パート勤務であれば最低賃金に近いところも多くあります。

 

子供との時間を重視したいなど、何を重視するかにより

今現在は収入アップをすぐには目指すことはできないかもしれません。

しかし、それが一概に悪いことではありません^^

 

子供との時間を考えるなら

今すぐ高収入を得ないといけない状況であれば、悠長なことは言ってられませんが

子供が小さい時は、どうしても諸事情により働く時間に制限がかかることも多いですし

子供の成長に合わせて

収入アップできる職種へ!!

 

営業職や保険外交員でしっかり働く

社員になりやすい職種(サービス業や介護職の正社員を目指す)にシフトチェンジしていくのも方法です。

 

自分たちの生活のために働くこと、それは子供のためでもあります。

子供抜きにして仕事は選べないのがシングルマザーなのです。

それぞれの環境に合わせて、収入アップしていけることも考えていきましょう!

 

さいごに

シングルマザーにとって仕事は本当に大事なことです。

生活していく上で収入がないとどうしようもないですから。

そのため、正社員になりたい!このままじゃどうしよう!となるかもしれないですが

みなさん、芯の強い方たちです!愛する我が子を守り育てていくために頑張っていきましょう!!

 

母子家庭で月収10万円の不安!正社員になりたい働き方の理想と現実

シングルマザーが困った時の相談先はココ!

 

スポンサーリンク


 - 仕事