離婚後は親と同居か別居の住み方はどちらが良い?経済面と精神面などから比較

      2017/08/07

%e5%ae%b6

スポンサーリンク

離婚を考えている人、実際離婚した人、離婚後は親と同居か別居かどちらがいい?

どうしたものかと迷います。経済面を考えると・・・

でも、精神面はどうかな?

色々な面を考えられると思います。

それぞれのメリット・デメリットを比較しながら考えていきます。

 

親と同居・別居どちらが住みやすい?

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%ef%bc%9f

離婚後に生活していく住居。

親と同居か別居か、それ以外の、選択もあるかと思いますが

この2点でしぼらせていただきます。

どちらを選ぶかの選択枠がある人は

かなり恵まれた環境であると思います。

選べるということだけでも、かなり心の余裕が出できますからね。

 

別居しか選べない場合

・親が他界されている。

・遠方なので、現在の生活上、居住地域を変えることはできない。

・兄弟が親と同居しているので戻れない。

・世間体が気になるから帰ってくるなと親が認めてくれない。

その他

 

同居しか選べない場合

・別居して家賃を払うだけの経済力がない。

・急な展開で、新たに住む場所を見つけることが出来なかった。

・ご自分が病気で働くことができない。

その他

どちらも、ご自分で選べる方は、上記の理由がなく選択ができる訳です。

 

私が同居を選んだ理由

好んで選んだ訳ではありません(汗)

急な展開にて、実家で親と同居することしかなかったのです。

しかも、一番のネックは

経済力がなかったのです!!

仕事はしておりましたが、収入が少なく安定していませんでした。

それに、当時子供は0才!まだ寝返りも出来ない0才!

経済力がなく、0才児持ちでは別居の選択枠しかありませんでした。

 

選択枠が同居しかないと言っても、同居できる住居があったことは

本当に助かったととても思います。

 

母子家庭の貯金の平均や貯め方は?実家暮らしや同居で貯まる?

 

経済面のメリット・デメリットは

お金

同居の場合

今後、生活費の分担などもでてきますが

実家に戻りたての頃は、

家賃、光熱費がなくても生活できることがとても助かります。

収入が安定していないと、家賃・光熱費を稼ぐ程度では、生活できませんからね。

ご家庭によっては、子供の費用などを負担してくれる場合もあるでしょう。

期待のかけすぎはいけませんが。

 

住居があるというだけでも、経済的メリットは大きいものです。

離婚前はなかなか、そのことが理解しにくいかもしれないですが

実際、母子家庭になるとそこはとても厳しいところです。

 

別居の場合

別居するとなると、家を購入できる、または家賃を払える

経済状態でないと生活できません。

 

家賃だけでなく、水道、光熱費、食費なども生活する最低限の出費です。

母子ともの全てにかかる、生活費を自分一人で稼ぐ力が必要です。

経済面だけで考えると、親との別居はデメリットの方が

大きいかもしれないですね。

 

精神面のメリット・デメリットは

スポンサーリンク

同居の場合

子供が小さければ小さい場合同居していると助けてもらえることが多いです。

保育園入園できるまでは、家で子供は過ごさないといけません。

 

仕事探しや、用事で出かける時に子供を見てくれる人がいることは助かります。

まだ現役で働かれている親や、留守がちであっても一人で育てるのとは全く違うので

精神的余裕も生まれます。

 

離婚成立に至るまでの状況や、離婚後しばらくは精神的にもかなり滅入ります。

そういう時に、子供とだけ向き合う状況でなく

話を出来る親がいると、滅入ることも少なくなります。

 

しかし、親からの干渉がはいる。子供の事についての事

自分のことに対しても、一緒に住んでる以上どうしても、色々な事がお互い目につきます。

何かと喧嘩が多くなることも覚悟しておきましょう。

 

同居する実母が嫌い!母親へイライラする理由と解消法は?

 

別居の場合

メリットは、親からの干渉は受けにくく

自分たちのペースで生活をしていくことができるでしょう。

 

子育て方法、家事、生活の仕方、全て自分たちの自由です。

 

デメリットは自由ではあるけれど、相談したいときにそばに家族がいない。

 

自由である変わりに、経済面と同じく

精神面も基本全て自分で解決していかないといけません。

子供とだけの生活で、子供とのすれ違いがあった時の

仲介がなく、自分たちの世界に入り込みやすいなどの面もありますね。

 

さいごに

同居・別居の 経済面、精神面からみたメリット・デメリットを書きましたが

どちらにしても

メリット・デメリットはつきものです。

自分にどちらがベストであるかを選んでいけるといいですね^^

 

保育園に入れない!!母子家庭の対策は親と同居にあり?

2017最新!児童扶養手当 親と同居でも受給できる場合あり

 

スポンサーリンク


 - 同居, 離婚